本来の自分を取り戻す方法

今すぐできる!効果を最大限に高めるたった1つの方法

scissors
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

右利きが左手ではさみを使う難しさ

あなたはこれまでいろいろな事を学んできました。

これまで聞いたことのないものや、考えたこともないような事がたくさんありました。

悩みが自然と解消されないことを理解しました。

真の失敗とは何かを学びました。

自分を変えることが必要と身を持って知りました。

悩みにぶつかった時の自分の行動パターンを把握しました。

ここで非常に重要な内容があります。 

行動パターンに合わない対策の効果は半減、むしろ悪影響を及ぼす

あなたは自分の行動パターンを理解し、対策する必要があることを理解しました。

しかし、対策方法が間違っていたとすれば、非常に厄介です。

実はこの部分で失敗している人が多いのです。

実際のイメージでお話します。

あなたに今から布を裁断してもらいます。

ただし、条件があります。

右利きの場合、左手ではさみを使って裁断して下さい。

このような状況が対策方法の誤った選択肢を選んだときとよく似ています。

布はある、はさみも用意されている、布を裁断するというだけの作業。

出来ないことは何も無い。

ただ一つ違うのが「利き手ではない」

ということ。

右手で切ろうが左手で切ろうが布を裁断できればそれで良いじゃない。

なぜ敢えて無駄な手間を掛けて、結果も悪くなるようなことをさせるのか。

あなたはそう考えるはずです。

実は、ここに問題が潜んでいます。

同様の問題は日常生活に多く発生しているのですが、あなたが気付いていないのです。

目に見える作業であれば、いかに困難な事か、無駄な事か、あなたははっきりと理解できます。

しかし、あなたの頭の中で判断する事は、本当に最適解を選択しているかどうかは分かりません。

周りから見ても客観的な判断材料が無いため、助言のしようもありません。

それこそが問題解決の最後の試練だと言えます。

なぜ最適解を選んでいない可能性があるのか?

それは「予測思考が通用しない理由」でも書きました。

現代社会は時間の流れが非常に速く、やるべきことが余りに多すぎるためです。

あなたは日々爆発的に発生する情報の波に飲み込まれ、一体何から手を付けて良いのか

すら分からない程、圧倒され、疲れ果てています。

そのような環境の中、常に最適解を選択できる可能性が非常に低いのは明らかです。

現代社会は非常に不確実です

現代人は文字通り不確実なことに圧倒されていることがあります。

日常生活で何が機能し、何が機能しないかについて。

悩みの解消に注力するために、何が不可欠で何が不必要かについて。

目標を成し遂げるために必要な道について。

人生において絶対に確実なものというのがないのが現実です。

そして、不確実な世界で間違いを犯すことは避けられないのです。

不確実性と間違いは一緒になっていて、いつか成功したいなら対処法を学ばなければなりません。

あなたは間違いを犯すのを避けようと必死になることで、間違いをしたまま決めたことに固執し、失敗します。

そのことが成功する可能性から遠ざけるのです。

間違いを受け入れず、否定することは、決まって二つの失敗のうち一つを犯すことになります。

崩壊するか、さらにひどく、かろうじて持ちこたえて一生もがいているか。

不確実性と同時に存在する間違いにどう対処するかは、人生の成功の重要な要素です。

間違いを認め、対処し、軌道修正をすれば、あなたは成功への道に歩み続けていきます。

計画を立てる必然性を乗り越え、間違いを受け入れる考え方が必要とされます。

この概念を完全に受け入れるための唯一の障害は、あなたのエゴです。

ご存知のように、わたしたちは人生の早い段階から、物事にどのように対処すべきかを教わります。

金融、ビジネス、投資から教育、人間関係まで様々です。

しかし、どういうわけか、間違いにどのように対処するのがベストなのかについて

訓練を受け、教育されることはありません。

そして、間違いへの対処が人々にとって先天的な性質ではないことから、より完全に

これを理解するためには時間がかかるのです。

効果を最大限に高めるたった1つの方法

悩みを解消するために取る解決方法の効果を最大限に高める方法。

それは、

「行動パターンに合った解決方法を選択する」

ということです。

不確実な現代社会において、ある程度確実な事もあるのです。

悩みにぶつかった時に取る行動4選」のようなものです。

行動パターンがある程度決まっているので、それに合う解決方法というのもあるのです。

行動パターンに合った解決方法をこれから説明します。

1.「いつかきっと巡り会える型」には「取り組み方法を見直しましょう」

2.「頑張ってはいるんですけど型」には「具体的な戦略、正しいツールを使いましょう」

3.「変化が怖いのでもう少しこのままで型」には「将来性の無いものを捨てましょう」

4.「現状まぁまぁ満足型」には「探し求めている打開策を獲得しましょう」

※行動パターンに合った解決方法をまとめた無料eBook(PDF)は現在編集中です。今しばらくお待ち下さい。

まとめ

1.行動パターンに合わない対策は効果半減、むしろ悪影響を及ぼす

2.現代社会は非常に不確実

3.効果を最大限に高めるたった1つの方法

あなたの未来を変えたい!ただ1つの理由」に続きます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメント

コメントを残す

*