本来の自分を取り戻す方法

知っておくべき!98%の人が当てはまる!悩みにぶつかった時に取る行動パターン4選

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

悩みの解消は、あなたの行動パターンを知ることから始まります

あなたは今、悩みにぶつかっています。

その悩みは解消される見込みがなく、あなたは今「楽になりたい」、「解決したい」、「抜け出したい」、「満たされたい」、「克服したい」といった感情が一日中頭の中をぐるぐると回っています。

そんな時にあなた取る行動パターンというのは実は限られています。

その行動パターンを理解することがあなたの悩みを解消するために有効な手法へと辿り着く近道となります。

あなたが何か実行しようとしたときに取る行動を振り返ってみましょう。

あなたは「A」という行動を取ろうとします。

「A」を行えば「B」という結果が生じることを期待します。

この行動をとれば、ある結果が予想できると考えます。

なので、その時に行動すれば、次の段階に進むことができると考えます。

この考え方を「予測思考」と言います。

残念ながら、予測思考ではあなたが欲しい未来を掴むことは決してないでしょう。

なぜ駄目なのか?

予測思考は、「予測できる世界でのみ機能するから」です。

予測思考が通用しない理由

今日、わたしたちは全く予測がつかない世界に住んでいます。

25年前の事情は異なっていました。

物事はもっとゆっくり動いて、もう少しだけ予測することできました。

お互いに公衆電話や家の固定電話で会話をしました。

送った郵便は、目的地に着くまでに何日掛かりました。

より単純だったあの時代は、選択肢は少なかったのです。

このような環境では一瞬で変化することはなかったのです。

もう少しゆっくりと進めました。

時間をかけて計画を立てるためには、そのほうが理にかなっていました。

現在でも計画をじっくりと立てることができますが、いざ行動を起こした時、その計画は使い物にならないのです。

なぜなら、現在の時間の流れはあなたが思う以上に速いからです。

では、速い時間に取り残されずに計画を進めることができるのか?

学習してから行動を起こすことは 時代遅れ

あなたが学生の頃には、全体を理解し、間違いが無いか確認し、確実性が確保されてから行動するように学びました。

「学習してから行動する」という手法です。

ちょうど、新しい電化製品を買った時に付いてくる取扱説明書を全て理解してからコンセントに挿す手法です。

現代社会ではそのような手法は時代遅れです。

現代では「やってみて学ぶ」が時代に取り残されない有効な手法です。

Apple社のiPhoneを買った時のことを考えましょう。

iPhoneを購入した時の行動は

1.薄いフィルムを破ります。

2.絶妙なサイズで作られた箱の上蓋を左手で持ち、ちょっとずつ開いていくのを満足げな顔で眺めます。

3.透明フィルムが付いた新しいiPhoneが現れ、あなたは右手でiPhoneを手に取り、ぐるりと一通り見渡し、美しさにため息をもらしたあと、電源を入れます。

どうでしょう?

iPhoneには説明書なんてものはついていません。付属品にもほとんど文字すら書かれていません。

一方、日本の携帯電話はどうでしょうか?

未だに分厚い辞書のような説明書が付いてきて、真面目な人ほど、電源を入れる前に付箋を貼りながら読んでいるのです。

どちらが現代の手法に近いかは言わずとも分かりますよね。

iPhoneを使うときに、「失敗したらどうしよう」と言いながら使う人はいません。

分からないことが出てきたときに初めて人に聞いたり、自分で調べたりして使います。

もはやその方法が当たり前となっています。

やってみて学ぶ

おそらく、こういった考え方をどこかで聞いたことがあるでしょう。

「前向きに転べ、素早く転べ」だとか、「まず撃ってみて、それから狙え」といったものです。

これらの考え方は、それぞれ少しずつ異なるものの、どれも同じ行動哲学を含んでいます。

それは、成功するためには、

リサーチや学習に長々と時間を費やす余裕はもうない

ということです。

つまり、停滞している時間はないのです。

間違ったことをすることは、正しいことをやらないことよりはるかに良いのです。

また、私たちが生きている競争化社会では、素早く失敗し、そこから学び、その教訓を生かすことは、

正しいことをゆっくりとするよりずっと良いのです。

まず行動を起こすことです。

昔は、この働き方に賛成するか否かでした。

しかし、現代になるにつれ、もはや議論の余地はなくなりました。

フィードバックを通じた学習は理論による学習とは正反対ですが、成功のためには今、必須となっているのです。

そして、それは失敗することを意味しています。

これまでの学習方法での問題は、多くの方が、すぐに情報を集める中毒となってしまうことです。

ただ学ぶことを欲し、ひたすら吸収しようとしますが、その絶え間ない情報への渇望を抑える術を持たないのです。

あなたが置かれている現代社会の時間の速さを理解したところで、多くの方が悩みにぶつかった時に取る行動を見ていきましょう。

ほとんどの方が以下の4つのパターンのどれかを選択します。

悩みにぶつかった時に取る行動4選

1.いつかきっと巡り会える型

一回で全ての事が生まれ変わる魔法のアイテムを探し求めている。良いものがあると聞くととりあえず試すが

これじゃないといって別のものを探し続ける

2.頑張ってはいるんですけど型

自分のライフスタイルの改善に取り組んではいるけれど、戦略的に行動していないために苦労しており、それゆえに

自分自身が追い求めている成功に到達していない

3.変化が怖いのでもう少しこのままで型

将来性が無いのには気付いているものの、現状のライフスタイルにとどまり続け、より良いライフスタイルを探し求めている

4.現状まぁまぁ満足型

既にある程度のライフスタイルは手にしているが、これ以上望むものを手に入れるためには限界に達してしまった。打開策が欲しい

※悩みにぶつかったときの解決方法をまとめた無料eBook(PDF)は現在編集中です。今しばらくお待ち下さい。

まとめ

1.予測思考は通用しない

2.学習してから行動を起こすのは時代遅れ

3.やってみて学ぶ

4.悩みにぶつかった時に取る行動4選

 

今すぐできる!効果を最大限に高めるたった1つの方法」に続きます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメント

コメントを残す

*