本来の自分を取り戻す

今朝、パジャマから着替える前に悩んだことは何ですか?

悩みは解消されない
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今朝、悩んでいたことが自然と解消されることはありません

月曜日の朝、あなたは目が覚めてからぼんやりと考えました。

「あ、お弁当を作らないと。昨日買い物忘れてた。冷蔵庫に何かあるかな・・・」

「先週金曜日に発覚したプロジェクトの問題を部長に確認してなかった。今日の朝礼で何て言おう・・・」

「え、もうこんな時期!?まだ何もやっていない。どうしよう・・・。」

「この間の健康診断でC判定があったけど、病院に行く時間がない。このままで良いのかな・・・」

「どうしてこんなに悩み事が多いんだろう・・・。いつか解放されるときは来るのかな・・・。」

どうですか?その問題は現在、解消されていますか?

私がお答えいたします。

「大半の方は何も解消されていない」

と推測します。

人は悩む動物です。

悩みの種類も様々で、

・仕事

・お金

・子育て

・職場

・人間関係

・美容

・将来

そしてあなたはその様々な悩みから

・楽になりたい

・解決したい

・抜け出したい

・解放されたい

・克服したい

と考えていることでしょう。

あなたは「悩み」から抜け出そうといろいろな方法を一生懸命に試しています。

残念ながら、その手法だと、行き当たりばったりで結果もまちまちです。

・ある時は解決したけど、ふとした拍子にまた湧き出てきた。

・解決しようとして、もがき苦しんだ末、泥沼にはまり、どうすればよいか分からなくなった。

・ぎりぎりのところまで追い込まれているのに、自分が気づいていなくて気が付いたときには既に手遅れ。

よく分かります。

でも心配しないで下さい。

あなた以外にも多くの人が解決しないまま、忙しい日々を何となく乗り越えています。

どうやって乗り越えていると思いますか?

 

それは「とりあえず忘れる」

 

「とりあえず忘れる」ことは非常に大きな問題を抱えています。

「忘れる = 悩みを解決しないまま放置する」ということですから。

悩みの放置は最適な解決方法を導かない

悩みが発生したときに答えを見つけ、正しく対応することが必要です。

ですが、悩みは日常生活のペース以上に次々と沸いてきます。

仕事、家庭、人間関係。健康や美容、将来の事を考えることにエネルギーを

奪われてそれどころじゃないんです。

悩みを片付けようと思っても、ゆっくり考えるゆとりもありません。

するとどうするか?

思考停止です。考えることを諦めます。

「どうにでもなれ」と悩みに対して答えを出さずにそのまま放置します。

悩みを放置しているので、あとはどうなるか分かりません。

とりあえず悩みが表面化したときにもう一度考えます。

ですが、やはりその時も何もしないのです。

あなたに想像してもらいたいことがあります。

営業電話が掛かってきて、あなたはオール電化を勧められました。

その時、すぐに返事ができなくて「ちょっと考えます」とその日は電話を切りました。

2,3日後、再度営業電話が掛かってきて、「オール電化の件はいかがですか」

と聞かれた時、あなたは何も考えていなかったのに、その場でYesかNoか答える。

よくある話ですが、これっておかしいですよね。

「ちょっと考えます」と言って問題を先送りにして、2,3日の間何も考えずに

相手から聞かれたときにようやく考えて返事をする。

その確保した時間は一体何なのでしょうか?

直前で考えて答えを出すなら、最初の電話で決めることができたのに、何故しなかったのか?

そこに「答え」はあります。

なぜ、そうなるのか?どうすれば解消するのか?

その手法をこれからあなたにお伝えしていきます。

78%の人が間違っている!本当の悩み解消法とは!?」に続きます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメント

コメントを残す

*